万葉集:真神原(まかみがはら)

平成11年4月4日(日)更新


真神原(まかみがはら)は、奈良県高市郡明日香村の飛鳥寺を中心とした一帯を言います。もっと広く考える説もあるそうですが。

真神(まかみ)とは、オオカミのことだと言われています。真神原(まかみがはら)にはオオカミがいたのでしょうか。

0199: かけまくもゆゆしきかも言はまくもあやに畏き明日香の.......(長歌)

1636: 大口の真神の原に降る雪はいたくな降りそ家もあらなくに

3268: みもろの神奈備山ゆとの曇り雨は降り来ぬ天霧らひ.......(長歌)


| 明日香に戻る