万葉集: 倉橋川(くらはしがわ)

2003年3月23日(日)更新


倉橋川は多武峯(とおのみね)から流れ出て桜井の倉橋を経由して大和川に注いでいます。万葉集には、柿本人麻呂歌集からの2首が載っています。

倉橋川 撮影(2003.03.08) by きょう


1283: はしたての倉橋川の石の橋はも男盛りに我が渡りてし石の橋はも

1284: はしたての倉橋川の川の静菅我が刈りて笠にも編まぬ川の静菅


 奈良 桜井