万葉集: 藤原京(ふじわらきょう)

2000年1月9日(日)更新


飛鳥川(明日香川)

畝傍山

香久山

哭沢(なきさわ)神社

藤原宮

耳成山

持統8年(694)〜和銅3年(710)年、持統天皇(じとうてんのう)が中国の唐の制度を模して建てた都が藤原京です。藤原京は、それまでのように、天皇の代が替わるたびに移ってきた都と違って、持統天皇(じとうてんのう)・文武天皇(もんむてんのう)・元明天皇(げんめいてんのう )の三代に渡って都としての役目を果たしました。


奈良