万葉集: 伊勢の海

2005年09月18日(日)更新


現在、伊勢の海といえば伊勢湾のことをイメージします。万葉の歌に詠まれた頃は、伊勢の海は伊勢・志摩周辺の海もさしていたと考えられています。

鳥羽 撮影(2005.09) by きょう

0306: 伊勢の海の沖つ白波花にもが包みて妹が家づとにせむ

0600: 伊勢の海の礒もとどろに寄する波畏き人に恋ひわたるかも

1322: 伊勢の海の海人の島津が鰒玉採りて後もか恋の繁けむ

2805: 伊勢の海ゆ鳴き来る鶴の音どろも君が聞こさば我れ恋ひめやも

3301: 神風の伊勢の海の朝なぎに来寄る深海松.......(長歌)


地名  三重