万葉集: 須磨(すま)

2005年04月10日(日)更新


兵庫県神戸市須磨区にあたります。須磨を詠んだ歌は3首だけですが、いずれも「塩」つくりに関わりのある歌ですね。

歌に出てくる「塩焼き」は「藻塩焼き」と言われ、海藻に海水を注いで干したものを焼いて水に溶かし、その上澄みを煮詰めて塩を作ったとのことです。

撮影(1999.12.27) by きょう

0413: 須磨の海女の塩焼き衣の藤衣間遠にしあればいまだ着なれず

0947: 須磨の海女の塩焼き衣の慣れなばか一日も君を忘れて思はむ

3932: 須磨人の海辺常去らず焼く塩の辛き恋をも我れはするかも


近畿 兵庫 地名