万葉集: 千曲川(ちくまがわ)

平成11年8月15日(日)更新


長野県南佐久郡から流れ、小諸(こもろ)などを通り、長野市で、松本盆地から流れている犀川(さいがわ)と合流して信濃川になります。写真は、佐久市を流れる千曲川です。

万葉集には2首だけに登場です。

撮影(1999.8) by きょう

3400: 信濃なる千曲の川のさざれ石も君し踏みてば玉と拾はむ

3401: なかまなに浮き居る船の漕ぎ出なば逢ふことかたし今日にしあらずは


地名 中部・東海