鶯(うぐいす) by 鳥好きの部屋

鶯(うぐいす)

スズメ目ウグイス科の鳥です。全国に生息し、春に「ホーホケキョ」と鳴くことで知られています。早春に鳴くことから春告鳥(はるつげどり)とも呼ばれます。

鶯(うぐいす)を詠んだ歌

万葉集には、霍公鳥(ほととぎす)についで多くの歌に詠まれています。春(はる)梅(うめ)とのセットで詠まれることが多く、「鴬鳴くも」というフレーズが多く詠み込まれています。昔から春の鳥の代表格なのですね。

0824: 梅の花散らまく惜しみ我が園の竹の林に鴬鳴くも

0827: 春されば木末隠りて鴬ぞ鳴きて去ぬなる梅が下枝に

0837: 春の野に鳴くや鴬なつけむと我が家の園に梅が花咲く

0838: 梅の花散り乱ひたる岡びには鴬鳴くも春かたまけて

0841: 鴬の音聞くなへに梅の花我家の園に咲きて散る見ゆ

0842: 我がやどの梅の下枝に遊びつつ鴬鳴くも散らまく惜しみ

0845: 鴬の待ちかてにせし梅が花散らずありこそ思ふ子がため

0948: ま葛延ふ春日の山はうち靡く春さりゆくと.......(長歌)

1012: 春さればををりにををり鴬の鳴く我が山斎ぞやまず通はせ

1053: 吾が大君神の命の高知らす布当の宮は.......(長歌)

1057: 鹿背の山木立を茂み朝さらず来鳴き響もす鴬の声

1431: 百済野の萩の古枝に春待つと居りし鴬鳴きにけむかも

1441: うち霧らひ雪は降りつつしかすがに我家の苑に鴬鳴くも

1443: 霞立つ野の上の方に行きしかば鴬鳴きつ春になるらし

1755: 鴬の卵の中に霍公鳥独り生れて己が父に.......(長歌)

1819: うち靡く春立ちぬらし我が門の柳の末に鴬鳴きつ

1820: 梅の花咲ける岡辺に家居れば乏しくもあらず鴬の声

1821: 春霞流るるなへに青柳の枝くひ持ちて鴬鳴くも

1824: 冬こもり春さり来ればあしひきの山にも野にも鴬鳴くも

1825: 紫草の根延ふ横野の春野には君を懸けつつ鴬鳴くも

1826: 春されば妻を求むと鴬の木末を伝ひ鳴きつつもとな

1829: 梓弓春山近く家居れば継ぎて聞くらむ鴬の声

1837: 山の際に鴬鳴きてうち靡く春と思へど雪降りしきぬ

1840: 梅が枝に鳴きて移ろふ鴬の羽白妙に沫雪ぞ降る

1845: 鴬の春になるらし春日山霞たなびく夜目に見れども

1850: 朝な朝な我が見る柳鴬の来居て鳴くべく森に早なれ

1854: 鴬の木伝ふ梅のうつろへば桜の花の時かたまけぬ

1873: いつしかもこの夜の明けむ鴬の木伝ひ散らす梅の花見む

1888: 白雪の常敷く冬は過ぎにけらしも春霞たなびく野辺の鴬鳴くも

1890: 春山の友鴬の泣き別れ帰ります間も思ほせ我れを

1892: 春山の霧に惑へる鴬も我れにまさりて物思はめやも

1935: 春さればまづ鳴く鳥の鴬の言先立ちし君をし待たむ

1988: 鴬の通ふ垣根の卯の花の憂きことあれや君が来まさぬ

3221: 冬こもり春さり来れば朝には白露置き.......(長歌)

3915: あしひきの山谷越えて野づかさに今は鳴くらむ鴬の声

3941: 鴬の鳴くくら谷にうちはめて焼けは死ぬとも君をし待たむ

3966: 鴬の鳴き散らすらむ春の花いつしか君と手折りかざさむ

3968: 鴬の来鳴く山吹うたがたも君が手触れず花散らめやも

3969: 大君の任けのまにまにしなざかる越を治めに.......(長歌)

3971: 山吹の茂み飛び潜く鴬の声を聞くらむ君は羨しも

4030: 鴬は今は鳴かむと片待てば霞たなびき月は経につつ

4166: 時ごとにいやめづらしく八千種に草木花咲き.......(長歌)

4277: 袖垂れていざ我が園に鴬の木伝ひ散らす梅の花見に

4286: 御園生の竹の林に鴬はしば鳴きにしを雪は降りつつ

4287: 鴬の鳴きし垣内ににほへりし梅この雪にうつろふらむか

4290: 春の野に霞たなびきうら悲しこの夕影に鴬鳴くも

4445: 鴬の声は過ぎぬと思へどもしみにし心なほ恋ひにけり

4488: み雪降る冬は今日のみ鴬の鳴かむ春へは明日にしあるらし

4490: あらたまの年行き返り春立たばまづ我が宿に鴬は鳴け

4495: うち靡く春ともしるく鴬は植木の木間を鳴き渡らなむ

更新日: 2017年06月04日(日)