山蛍袋(やまほたるぶくろ)


写真は、キキョウ科の多年草の山蛍袋(やまほたるぶくろ)です。6〜8月頃に提灯(ちょうちん)にように垂れ下がった花を咲かせます。この名の由来には次のような説があります。

  • 提灯(ちょうちん)を意味する火垂る(ほたる)から
  • この袋のような花に蛍(ほたる)を入れて遊んだことから

ガクの一部が反り返ったものを蛍袋(ほたるぶくろ)といいます。

撮影(2001.7.13) by きょう

花の散歩道