四手辛夷(しでこぶし)


写真は、モクレン科モクレン属の落葉低木の四手辛夷(しでこぶし)のつぼみです。3~4月頃に、白または淡いピンクの細長い花弁を広げます。

四手辛夷のつぼみ 撮影 by きょう
撮影(2009.03) by きょう

辛夷(こぶし)は花弁が6枚ですが、四手辛夷(しでこぶし)は9~30枚本州中部あたりに自生していましたが、庭木などにも植えられるようになったのでよく見られるようになりました。姫辛夷(ひめこぶし)ともいいます。


花の散歩道