仙人草(せんにんそう)


写真は、キンポウゲ科センニンソウ属のつる性の仙人草(せんにんそう)です。8〜9月ころに、野原や道端に他の植物にからみついて小さな白い花を咲かせます。有毒だそうです。十字に見えるのは、ガクです。実が成ると実の周りに羽毛状の長い毛がつくのですが、これを仙人の白髪に見立てて仙人草(せんにんそう)と呼ぶんだそうです。


花の散歩道