千日紅(せんにちこう)


写真は、ヒユ科センニチコウ属の千日紅(せんにちこう)です。7~10月頃、まっすぐ立った枝の先に紅色、白、ピンク、黄、紫の花を小さく丸く咲かせます。アジア、アフリカなどの熱帯地域が原産とのことです。長く花を楽しめることから、この名が付いたそうです。千日草(せんにちそう)などともいいます。

千日紅(せんにちこう) 撮影(2016.07) by きょう


花の散歩道