真葛(さねかずら)


写真は、モクレン科サネカズラ属の常緑つる性の真葛(さねかずら/さなかづら)です。花は夏に咲き、秋に赤く丸い実をつけます。枝に粘液があり、鬢(びん)付け油の原料として使われるので、美男葛(びなんかずら)とも呼ばれます。

真葛(さねかずら) 撮影(2017.11) by きょう


花の散歩道