ランタナ


写真は、クマツヅラ科ランタナ属の常緑小低木のランタナです。江戸時代の末に日本にきたそうです。葉のふちは鋸(のこぎり)のようになっています。8月〜9月頃に赤や黄色の小さな花を次々につけます。

花の色がだいだい色や濃い赤に変わるので、七変化とも呼ばれます。


| 花の散歩道に戻る