苧環(おだまき)


写真は、キンポウゲ科オダマキ属の苧環(おだまき)です。5〜6月頃に白・赤・黄などの花を枝分かれした茎の先に下向きに咲かせます。今は花壇に植えられることも多いですね。苧環(おだまき)は、麻糸を巻く道具のことで、この花の形がそれに似ていることから付けられた名前だとのことです。

撮影(2001.4.24) by きょう

花の散歩道