糊空木(のりうつぎ)


写真は、ユキノシタ科アジサイ属の糊空木(のりうつぎ)です。7〜8月頃にアジサイに似た白い花を咲かせます。木の皮を水に浸けると粘液が出るのですが、これを和紙の糊に使ったことから、糊空木(のりうつぎ)の名前がついたということです。サビタともいいます。

撮影(2001.7.13) by きょう

愛知県の小原で和紙工芸をされていたtudukiさまからは、「糊宇津木の根を水に浸けておくと粘液が出るので水を足しながら何度でも使う事が出来ました。木の皮ではありませんでした。」という情報をいただきました。


花の散歩道