水芭蕉(みずばしょう)


写真は、サトイモ科ミズバショウ属の多年草の水芭蕉(みずばしょう)です。5~7月頃に湿地に花を咲かせます。葉が芭蕉の葉に似ていることから、この名が付いたとされています。なお、シュウ酸カルシウムなどの毒性の成分が含まれているそうなので、取り扱いには注意が必要とのことです。

水芭蕉(みずばしょう) 撮影(2016.04) by きょう


花の散歩道