小手毬(こでまり)


バラ科シモツケ属の落葉小低木の小手毬(こでまり)です。4月〜5月にかけて小さな手毬(てまり)のような白い花を咲かせます。江戸時代以前から親しまれていたそうで、鈴懸(すずかけ)と呼ばれていたそうです。

小手毬 撮影(2009.05) by きょう