金魚草(きんぎょそう)


写真は、コマノハグサ科キンギョソウ属の金魚草(きんぎょそう)です。5〜7月頃に金魚を思い起こさせるような小さな花を咲かせます。色は、赤・黄・ピンク・白とさまざまです。原産地は南ヨーロッパから北アフリカあたりとのことです。

撮影(2001.7) by きょう

花の散歩道