鶏頭(けいとう)


写真は、ヒユ科ケイトウ属の鶏頭(けいとう)です。7〜10月頃に鮮やかな赤、黄などの、まるで炎のような花をつけます。鶏のとさかに似ているところからこの名がついたとのことです。原産地は熱帯アジアだそうですが、日本では奈良時代にはすでにあったようで、万葉集にも、韓藍(からあい)という名で登場します。

鶏頭(けいとう) 撮影(2010.10) by きょう

花の散歩道