百日草(ひゃくにちそう)


写真は、キク科ヒャクニチソウ属の百日草(ひゃくにちそう)です。夏~秋に花をつけます。原産はメキシコだそうで、ヨーロッパ経由で江戸時代末期に日本に入ってきたそうです。花屋さんでは、ジニアの名でも売られています。

百日草 撮影(2014.11) by きょう

花の散歩道