鬼灯(ほおずき)


写真は、ナス科ホオズキ属の多年草の鬼灯(ほおずき)です。6月頃に淡い黄色の花を咲かせ、果実を包んだ萼(がく)が赤くなります。七夕やお盆の飾り花として利用されていますし、浅草寺の「ほおずき市」で有名です。原産は、朝鮮半島・中国・日本などの東アジアとのことです。

鬼灯(ほおずき) 撮影(2006.07) by きょう

花の散歩道