半夏生(はんげしょう)


ドクダミ科ハンゲショウ属の多年草の半夏生(はんげしょう)です。6〜7月頃に水辺に穂のような白い花を咲かせます。花に近い葉の部分が白くなります。なお、半夏生(はんげしょう)は、七十二候(しちじゅうにこう)のひとつで、夏至から数えて11日目のことを言いました。

七十二候(しちじゅうにこう)は、二十四節気(にじゅうしせっき)をさらに約5日づつの3つに分けた期間のことです。

半夏生(はんげしょう) 撮影(2004.07) by きょう

花の散歩道