蒲(がま)


写真は、ガマ科ガマ属の多年草の蒲(がま)です。沼地に生え、夏に円柱形の花穂をつけます。茎は簾(すだれ)の材料とされてきました。花粉には止血剤や鎮痛剤としての効能があるといわれています。

撮影(2002.8) by きょう

花の散歩道