朝鮮嫁菜(ちょうせんよめな)


写真はキク科ミヤマヨメナ属の多年草の朝鮮嫁菜(ちようせんよめな)です。6〜9月頃の道端などに薄い青紫色の花をつけます。その名の通り、原産は朝鮮半島で、日本には大正時代にやってきたそうです。

朝鮮嫁菜 撮影(2011.08) by きょう

花の散歩道