枇杷(びわ)


写真は、バラ科ビワ属の常緑果樹の枇杷(びわ)です。1月頃に白い花をつけ、5月頃に実をつけます。葉は茶にして飲むと、咳止めや下痢止めに効くそうです。果実が楽器の琵琶(びわ)に似ていることからこの名がついたとされています。

枇杷(びわ) 撮影 by きょう

花の散歩道