Introduction イントロダクション
 


[ TOP | 作品data | 主なスタッフ | 主題歌 | 商品]


このサイトは1974年にフジテレビ系列で放送されていた子供向けアニメーション作品であった『アルプスの少女ハイジ』という番組に関する情報を提供するものです。みなさんも一度はこのハイジという名前の少女について聞いた事があるでしょう。ハイジがこれほどまでに児童向けの作品として広く私達日本人に受け入れられるに至ったのは、アニメーションとして放送された本作品の影響がとても強いと思います。

作品としてのクオリティ、児童向けながら非常に細やかな人物描写、舞台となる外国の山々や町並みの優れた表現。どれをとっても今ではほとんど見る事ができない良質で丁寧な作品なのです。しかし残念ながら私の周りの方々に『ハイジ』について聞いてみるとほとんど決まり文句のように次のセリフしか返って来ません。

『クララが立った! クララが立った!』

私はその度に残念になります。もっと素晴しい話や場面があるのになぁと。

そして更に残念な事はインターネット上にも『ハイジ』をよく解説したサイトが無かった事です。月並みですけどそれでは私が作ってみようと思い本サイトが誕生したのです。

それではどうぞゆっくりと御覧になってください。





■■■ 基礎データ  ■■■

 

 

■■■ 作品data  ■■■

『アルプスの少女 ハイジ』(カルピスまんが劇場枠にて)
放映期間
放映時間
放映局
放映スポンサー
番組製作
原 作






放送話数

1974(昭和49年)01.06〜1974(昭和49年)12.29
日曜日19:30より30分枠
フジテレビ(jocx-tv)系列
カルピス
ズイヨー映像、フジテレビ
Johanna-Spyri(スイス)(ヨハンナ・スピリ)
        「ハイジの修行時代と遍歴時代」(第一部)
        「Heide's Lehr-und Wanderjahre」1880年

        「ハイジは習った事を使うことができる」(第二部)
        「Heide kann brauchen,was es gelernt hat 」1881年

全52話(カラー)

 






 

 

 

 

 

 

 


■■■ 主な制作スタッフ  ■■■

敬称は省略させて頂きました。
脚本)
大川 久男/佐々木 守
吉田 義昭
整音)
中戸川 次男
現像)
東洋現像所
絵コンテ)
池野 文雄/奥田 誠治/
黒田 昌郎/斎藤 博/
高畑 勲/富野 喜幸
早川 啓二/山崎 修二/
横田 和善
効果)
石田 秀憲
仕上検査)
小山 明子/保田道世
シリーズ構成)
松木 功
協力)
あんだんて/東京スタジオ/大平スタジオ
演出助手)
小園井 常久/早川 啓二/
横田 和善
場面設定/画面構成)
宮崎 駿
作画)
才田 俊次/米川 功真
真鍋 譲二/村田 耕一
桜井 美知代
坂井 俊一/羽根 章悦
岡田 敏晴
牛越 一男/高野 登
高橋 信也/辻 伸一
福田 きよむ
吉沢 日出夫
OHプロダクション
製作主任)
松土 隆二
キャラクターデザイン/作画監督)
小田部 羊一
動画チェック)
篠原 征子/前田 英美/
水田 めぐみ
進行)
麻生 学/梅原 勝/
遠藤 重夫/平本 治夫/
高砂 克己/富岡 義和
音楽)
渡辺 岳夫
背景)
石橋 健一/川本 征平/
窪田 忠雄/蔵田 和美/
香野 雅好/菊池 紀夫
槻間 八郎/西 芳邦/
西原 繁男/椋尾 篁
担当プロデューサー)
中島 順三
美術監督)
井岡 雅宏
彩画)
スタジオロビン
製作デスク)
加藤 良雄/佐藤 昭司
撮影監督)
黒木 敬七
撮影)
熊瀬 哲朗/萩原 淳/
トランスアーツ
プロデューサー)
高橋 茂人
録音監督)
浦上 靖夫
編集)
瀬山 武司/高橋 次男
演出)
高畑 勲

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■■■ 主題歌 挿入歌  ■■■

 オープニング)『おしえて』
作詞:岸田 衿子 
作曲:渡辺 岳夫
編曲:松山 祐士
うた:伊集 加代子(ヨーデル:ネリーシュワルツ)
  (株)日本コロムビア

  エンディング)『まっててごらん』
作詞:岸田 衿子 
作曲:渡辺 岳夫
編曲:松山 祐士
うた:大杉 久美子(ヨーデル:ネリーシュワルツ)
  (株)日本コロムビア

ハイジでは劇中に印象深い挿入歌も何曲かありますので簡単に紹介してみる事にします。




♪「ユキとわたし」(作詞:岸田 衿子 作曲:渡辺 岳夫 歌:大杉久美子)


 まっしろな子ヤギ 名前はユキ♪でお馴染みの曲です。大杉さんの優しい声がマッチして何とも言えない郷愁感の様なものを私は感じます。









♪「アルムの子守唄」(作詞:岸田 衿子 作曲:渡辺 岳夫 歌:ネリーシュワルツ)

 行っておいで 目を閉じて♪で始まるやんわりとした曲です。初期にハイジが眠る時などにかかっていました。テレビバージョンではネリーシュワルツさんが歌っていますが、劇場版では伊集加代子さんが新たに歌い直した新録バージョンを聴く事ができます。 個人的には伊集さんバージョンの方がより子守唄っぽくて好きです。









♪「ペーターとわたし」(作詞:岸田 衿子 作曲:渡辺 岳夫 歌:大杉久美子)

 ヤギの大将ペーター♪で始まる歌です。ハイジの劇中では割りと多く聴く曲ですね。短いながらも後半の何とも言えない余韻が良い感じです。ペーターと過ごした日々を懐かしく思っているような、そんな歌です。








♪「夕方の歌」(作詞:岸田 衿子 作曲:渡辺 岳夫 歌:大杉久美子)

 こずえは そっと揺れていて♪で始まるスローテンポな曲です。まさに楽しかった一日が終わり昼と夜の間の、夕暮れ時のあの寂しいけど優しい何とも言えない感じをばっちり表現している曲ですね。 暖かい夕食が待っている、そんな感じでしょうか?(笑) この歌一番好きで、ハイジのBGM集を購入したのもこの曲が欲しかったからなんです。

 






 

 

 

 


 

 



■■■ 商 品  ■■■
 
過去に発売された『アルプスの少女ハイジ』の関連商品をちょっと紹介してみます。 捜せばまだあるかも.... これでハイジを見てみよう! この中ではDVD版が比較的に 最近の発売のようですので手に入りやすいと思います

  

ビデオ
『アルプスの少女ハイジ』全10巻 バンダイビジュアル 各\4,800(販売終了)
『アルプスの少女ハイジ』全10巻(リニューアル 版) バンダイビジュアル 各\3,800(税抜き)
[BES-1693〜1702]
『アルプスの少女ハイジ〜アルムの山編』89分ステレオ 日本コロムビア \2,575 [COVC-4685]
『アルプスの少女ハイジ〜ハイジとクララ編』91分ステレオ 日本コロムビア \2,575 [COVC-4686]
『アルプスの少女ハイジ〜映画版(79東宝東和)』 日本コロムビア \2,987 [COVC-4687]


レーザーディスク
『アルプスの少女ハイジ』
         メモリアルBOX1[7枚組01〜28話]
バンダイビジュアル \41,388
(生産終了)
『アルプスの少女ハイジ』
         メモリアルBOX2[6枚組29〜52話]
バンダイビジュアル \35,475
(生産終了)
『アルプスの少女ハイジ〜アルムの山編』89分ステレオ 日本コロムビア \4,893
『アルプスの少女ハイジ〜ハイジとクララ編』91分ステレオ 日本コロムビア \4,893



DVD
『 アルプスの少女ハイジ/メモリアルボックスPART1』 バンダイビジュアル \39,400(廃盤)
『アルプスの少女ハイジ/メモリアルボックスPART2』 バンダイビジュアル \33,700(廃盤)
『アルプスの少女ハイジ』第1巻〜13巻
 
バンダイビジュアル 各\3,800
『アルプスの少女ハイジ/長編アニメ映画』 日本コロムビア \3,800



C D
『アルプスの少女ハイジ』懐かしのミュージッククリップ1
1:おしえて
2:まっててごらん
3:ユキとわたし
4:アルムの子守唄
5:ペーターとわたし
6:夕方の歌
  他-数曲+BGM集、TV予告曲など
 
 
東芝EMI \2,000




実写映画
アルプスの少女ハイジ
           1993年(監督ジャンヌ・ルイストン)
松竹ホームビデオ \15,000




グッズ関連

『ぬいぐるみ関連』
  ユキちゃんぬいぐるみ
  ハイジブランコぬいぐるみ
  ペーターぬいぐるみ
  クララぬいぐるみ

『文具関連』
  マスコット付きシャープペン
  マスコット付きボールペン
  キーホルダー
  ケース付きクリップ、インデックス、
       ソーイングセット、スタンプ
  台紙アソーセット(文具セット)

『玩具その他』
  ジグソーパズル(3種類)
  携帯ストラップ
  お手玉ボールチェーン

(株)サンライク 価格はサンライクさんのサイトでお確かめください。




購入の際にはお近くのレコード店、アニメ店、書店等で店頭で注文すれば、バンダイビジュアルさんの場合、在庫があれば注文から2〜3日程度で買えるそうです。(バンダイビジュアル武井さん、教えてくださりありがとうございます)

日本コロムビア版のタイトルである(アルムの山編、ハイジとクララ編)はテレビ版の総集編のビデオです。オリジナルとの違いは、音源を新しくステレオにする為1993年にアフレコし直しています。その為オリジナルとは以下の点で違っていますので注意して下さい。1声優の変更、2台詞の一部変更、3挿入BGM の変更。声優の変更はアフレコ時に当時の声優でできない等の理由から一部キャステングが変更されています。ペーターのおばあさんやクララのおばあさん、お医者、ゼーゼマン家のロッテンマイヤー以外の召使い等が違います。また当時からほぼ20年経っていますのでオリジナルの声優さんでも雰囲気が違っています。

2,3の点については、総集編という性質上52話の物語を短く編集した関係での変更がかなりあります。またBGM もかなり新しいものが今回の為に作られて使われています。渡辺岳夫氏の他、「手塚 理」という方が音楽を追加担当されています。以上の点から見た場合、当時のオリジナル版とは若干作品の雰囲気が変わっているのでご注意ください。


映画版ハイジについてですがこれはTVシリーズを映画用に再編集しおおまかなストーリーをおっていくというものです。よって映画用に新たに作成したものではありません。御覧になればハイジの主なストーリーが分かりますが、やはり大部分が端折られている結果TVシリーズのもつ濃密さが多少失われているのはしょうがないでしょう。またほとんどの声優さんがTVシリーズとは別の方へ変更されていて何か妙な感じを受けてしまうのは私だけでしょうか?



CDの所で紹介しているミュージッククリップ版にはTVシリーズ&映画版の挿入歌やBGM集がほぼ当時の音源を使用した形で収録されています。どうでもよいですがこのCDに付属の冊子には放映全52話のタイトル資料がついていますがかなり間違いが多いので注意が必要です。(例えば6話は「牧童のペーター」と書かれてます。う〜んなにゆえこうなってしまうのか)東芝EMIさんちゃんと修正した方がいいぞ。

また最近のケーブルTV,衛星放送、CS放送等でもよく放送されているようです。まめにチェックしてみるのもいいでしょう。




[ TOP | Head ]