イタリアの国立公園

前回公開分は随分古いの資料でしたので、今回は2000年6月25日付けイタリア公園連盟の最新の資料に更新しました。

イタリアには2000年7月現在20のヶ所の国立公園あり、その総面積は150万ヘクタールで、国土面積の5パーセントを占めています。 また新たに4ヵ所が開設を予定しています。
イタリアの国立公園のおける最近の動きは、海浜公園にあります。国立公園を管轄する環境省は、かっての地中海独特の特異な自然環境と景観美を呈する海岸線の保護に力を入れています。

イタリアの国立公園は以下ものです。

グラン・パラディーゾ国立公園

その名も「大きな天国」という高度800メートルから4061メートルの山岳公園である。 フランスのバノワーズ国立公園と隣接して、公園面積は70万ヘクタールと日本の琵琶湖よりやや大きい。 もともとイタリアのサボア王室の狩猟地であったが、1922年イタリア初の国立公園に指定された。氷河を始め美しい自然に恵まれ、アルプスアイベックス等の貴重な動植物の生息地であるとともに、アルプス・スキー・リゾートの中心地となっている。 夏は避暑、冬はスキーと、ヨーロッパからの観光客でにぎわっている。  

場所       ピエモンテ州 バッレ・ダアオスタ
総面積     70万ヘクタール
近郊都市   トリノ
位置      トリノから北へ約50キロメートル
交通手段   鉄道   トリノからアオスタまで便あり。 所要時間 約1時間
         バス   トリノかミラノから長距離バス便あり
         道路   トリノから高速道路E21でアオスタへ。
               アオスタから国道21号線で公園北口まで。
楽しみ方   冬はスキーやアルペンスキー、夏はトレッキングや登山やロッククライイング。生息動物   アルプスアイベックスやかもしかやテンジクねずみ及び鷲等。

資料 イタリア国立公園連盟

まだ未完成のページなのです。完成をお待ち下さい。